prestoX

用語の解説

prestoXとは

(プレストエックス)
prestoXとは、タンパク質等のモデリング、膜タンパク質等のシミュレーション、薬物ドッキング・スクリーニング、などを行うためのプログラム群のことである。
従来、タンパク質の分子シミュレーションは時間をかけても十分に計算することが難しいものであったが、prestoXによって原子運動が実際よりも激しい仮想的な系を計算することが可能となり、短時間のうちに効率的なモデリング計算を行うことが実現した。 prestoXの機能の多くは、複数の計算機で処理を分散あるいは並列計算できるように設計されている。 また、蛋白質・低分子有機化合物ドッキングは、多数のPC上で計算を分散動作させるグリッド環境でも動作するようにも開発されている。

用語解説出典   powered by. Weblio

CNET Japan

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]