編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

xDピクチャーカード

用語の解説

xDピクチャーカードとは

(xDピクチャーカード)

 2002年にオリンパス光学工業と富士写真フイルムが共同開発、発売したフラッシュメモリカード。

 サイズは縦20×横25×厚さ1.7mm、重量2gと同種のメモリカードとしてはSmartMediaを抜いて世界最小サイズを実現している。 xDピクチャーカードの動作電圧は3.3Vで、書き込み速度は1.3MB/s(容量が16MB、32MBのメディア)、3.0MB/s(容量が64MB以上のメディア)で、読み出し速度は5.0MB/sである。 容量は16MB、32MB、64MB、128MBのものがあり、将来的にはこの容量を8GBまで高めることが計画されている。

 xDピクチャーカードに対応したデジタルカメラは両社から発売されており、今後は他社からも対応機が登場する見込み。 また、メディアをパソコンで読み書きするためのUSBリードライタ、PCカードスロット、CFスロットに接続するためのアダプタが発売されている。

用語解説出典   powered by. IT用語辞典 e-Words

Special PR

CNET Japan

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]