編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

xD-Picture Card

用語の解説

xD-Picture Cardとは

(エックスディーピクチャーカード,xDピクチャーカード,)
xD-Picture Cardとは、フラッシュメモリーカードの規格のひとつで、オリンパス光学工業と富士写真フイルムが共同で開発・発売したデジタルカメラ用の小型メモリーカードのことである。
xD-Picture Cardのサイズは縦20.0×横25.0×厚さ1.7mm(重量は2g)で世界最小水準を実現し、従来デジタルカメラの記憶媒体として主流であったスマートメディアに比べても、表面積が三分の一にまで小型化されている。 ただし厚みが少し増しているが、そのことによって、かえってxD-Picture Cardの書き込み・読み出しの速度が向上している。 また、記憶容量にも増加の余地が生じている。 2002年にxD-Picture Cardが発表された当初は、容量別に16MB、32MB、64MB、128MBの4パターンが発売された。 ロードマップによれば、将来的には8GBの容量を備えたものを製品化することが可能であるとされる。 また、xD-Picture CardをUSBポートやPCカードスロットに接続してパソコンで読み書きできるようにする周辺機器も販売されている。 xD-Picture Card規格の開発元である(同時にデジタルカメラ業界のトップシェアを占める)オリンパス光学工業と富士写真フイルムの両社が、率先してxD-Picture Card対応のデジタルカメラを販売している、両社はすでにスマートメディアからxD-Picture Cardへと完全に移行している。 その他の企業からも、対応機種が登場しつつある。

用語解説出典   powered by. Weblio

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]