Paples マイナンバー制度対応ソリューション ~マイナンバーとその記載帳票の運用管理~

日鉄日立システムエンジニアリング株式会社  2015年09月04日

Paplesはマイナンバーとその記載帳票を独立したシステムで管理・運用する事により、既存の人事・会計システムや帳票システムへの影響を最小限に、スムーズでセキュアなマイナンバー制度への対応を実現します。

製品概要

統合電子帳票ソリューション「Paples」を活用したマイナンバー制度対応ソリューションは、マイナンバーとその記載帳票を独立管理することで、従来のシステムを大きく変更することなく、マイナンバーの取込みから保管、画面参照、帳票出力、データ破棄までの運用をセキュアに一元管理します。

 2016年1月より運用が開始される「マイナンバー制度」では、一部の帳票で記載義務化まで経過措置が取られているものの、雇用保険関連など早速マイナンバー記載が必要となる帳票もあり、いよいよ各企業の対応は待ったなしの状況です。

 「特定個人情報」として通常の個人情報より厳格な管理が義務付けられているマイナンバーの取扱いについて、マイナンバーの収集・登録からネットワークのセキュリティ設定まで、お客様企業のお悩み事を日鉄日立システムエンジニアリング株式会社(NHS)のコンサルティングとシステムソリューションでトータル・サポートいたします。

◆マイナンバー運用時に発生する様々な問題と解決手段

 1,データの破棄が義務に! 法定保存期間後も保管したい場合は?
  Paplesはマイナンバーとその記載帳票の自動削除機能により、法定保存期間経過後のデータ
  消去漏れを防止します。
  しかし、企業では帳票やその控えを、商法上の時効などの理由でマイナンバーの法定保存期間
  経過後も保管したい場合があります。Paplesではマイナンバーの記載有無別に帳票データを
  保管しているので、保存期間経過時にマイナンバー付の帳票データのみ削除するなど、
  柔軟な運用が可能です。

 2,マイナンバーを管理する「事務取扱担当者」の範囲は?
  マイナンバー制度では、企業はマイナンバーを取扱う事ができる「事務取扱担当者」を
  明確化することが義務付けられています。
  しかし、従来の人事・会計システムや帳票システムにマイナンバーを加えてしまうと、
  上長やシステム管理者などデータベースを参照できるあらゆる人が「事務取扱担当者」
  となり、厳密な管理・運用が難しくなります。
  Paplesではマイナンバーとマイナンバー記載帳票を独立したシステムで管理する事により、
  参照端末や出力端末、「事務取扱担当者」を局所化し、セキュアな運用を実現します。

 3,源泉徴収票など大量に配布が必要な個人情報記載帳票のセキュリティ対策は?
  2015年10月2日の法改正で、従業員への源泉徴収票配布や取引先の個人事業主への
  支払調書配布などへのマイナンバーは記載不要となりました。
  参考:国税庁ホームページ
  (https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/mynumberinfo/index.htm)
  しかし、源泉徴収票や支払調書などが個人情報記載帳票である事に変わりはなく、
  印刷出力、封入、郵送、現場担当者による配布といった紙での取り扱い方法では、
  紛失や盗難などのリスクが高く、情報漏えい防止のための管理が難しくなります。
  Paplesなら「PDF添付メール自動送信ソリューション」により各個人宛にパスワード付PDF帳票
  をメールに添付し、セキュアに配信することが可能です。

 4,物理的/技術的安全管理措置への対策は?
  マイナンバーの保管サーバや参照端末、出力端末の隔離措置、パスワードの設定など様々な
  セキュリティ対策が必要です。
  Paplesは画面参照時のマイナンバーのマスキング、マイナンバー記載帳票の出力先の制限、
  強力な操作ログトレース機能など、マイナンバーのセキュアで限定的な管理・運用を可能とする
  様々な機能を搭載しています。

特徴

Paplesは、帳票を「作成」「取込み」「電子保管」「活用」「印刷・出力」する機能をワンパッケージで実現した統合電子帳票基盤パッケージです。NHSでは帳票の電子化・ペーパーレス化だけでなく、コスト削減と業務効率化を同時に実現する様々なソリューションとの各種コンサルテーションメニューをご用意しています。

-------------------------------------------------------------
電子帳簿保存法・e-文書法対応などのコンサルティングサービス
-------------------------------------------------------------
NHSでは、お客様がPaplesを活用して電子帳簿保存法の申請を行う際に、上位システム対応や申請ノウハウの提供など専門家によるコンサルティングサポートサービスを行っております。
また、電子契約やe-文書法対応に関しても、システム面だけでなく法令内容のご説明やPaplesを用いた運用方法のご提案など、専門家と共にお客様の状況に合わせてご対応いたします。

-------------------------------------------------------------
電子契約・取引帳票Web公開ソリューション
-------------------------------------------------------------
見積書や注文書、注文請書や請求書など企業間の取引で交わされる様々な捺印文書についても電子化が可能となる法的・技術的基盤が整備されてきました。
Paplesと電子契約サービスを連携させる事で、取引先への帳票Web公開・電子検印のみならず、電子署名とタイムスタンプ付加による電子契約、取引文書の長期保管を行うことも可能です。
取引文書のペーパーレス化・証憑文書と合わせた一元管理はもちろん、印紙代の節約や監査対応の簡易化、BCP対策にも役立ちます。

また、請求書はWeb上で取引先と共有できるだけでなく、PDF添付メールを自動配信することも可能です。さらに、電子帳簿保存法の申請を行うことで控えの印刷・ファイリングも不要となり、問い合わせ対応や保管作業負荷を削減できます。


この他にも多数のソリューションがございますので、PaplesのWebサイトを是非ご覧ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【Paplesに関するお問い合わせ先】

  日鉄日立システムエンジニアリング株式会社
  産業・流通ソリューション第一事業部
  Paplesチーム 

 ●統合電子帳票ソリューション「Paples」Webサイト
  https://www.nhs.co.jp/package/paples/index.html?media=zdnet

 ●Webからのお問い合わせ
  https://www.nhs.co.jp/inquiry/index.php?pid=7

 ●お電話でのお問い合わせ
  0800-222-0222

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Paples\パピレスは日鉄日立システムエンジニアリング株式会社の登録商標です。
その他本稿記載の会社名・製品名は、各社の商標または登録商標です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]