サン電子、M2M網遠隔管理ゲートウェイを開発へ--Linuxマイクロサーバを活用

サン電子は、M2M網を遠隔から管理するLinuxベースのゲートウェイ「Rooster-GX」を開発する。インヴェンティットが開発するM2M遠隔管理ソフトウェア「Service-Sync」を搭載する。

2012-09-26 17:53:00

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]