ZDNet Japan

ZDNet Japan/TechRepublic Japan & AWS Partner Network
5週連続セミナーシリーズ

セキュリティ編「セキュリティ重視ならクラウド」は本当か!?

AWSに見る、包括的セキュリティ対策

企業システムが高度化・複雑化する一方、そこにセキュリティがどう追いつけばいいのかが課題となっている。
オンプレミスや複数のクラウドにまたがる各種環境のバックアップやデータの保護に加え、巧妙化するサイバー攻撃への対応も大きな負担だ。
一方で、かつては不安視する向きもあったクラウドのセキュリティが、いま大きく向上している。
本セミナーは「クラウドだからこそ安全」をテーマに、AWSのセキュリティ対策を例に、その根拠を解説する。
一口にセキュリティといっても非常に幅が広いが、AWSではストレージやDB、ネットワークに至るまで、各層での対策が入念に打たれており、企業が独自にセキュリティ対策を行うよりも、クラウドを活用した方が有利なケースは増えているのが現状だ。その動向を分かりやすく解説する。

開催概要

名称
ZDNet Japan x TechRepublic Japan & AWS Partner Network 5週連続セミナーシリーズ セキュリティ編 「セキュリティ重視ならクラウド」は本当か!?
AWSに見る、包括的セキュリティ対策
開催日時
2017年6月28日(水)12:30開場 13:00開演
場所
アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
目黒オフィス ARCO TOWER19階 OPERA
[会場について : PDF]
参加費
無料(事前登録制)
定員
80人
対象
ユーザー企業の経営者、CIO(最高情報責任者)、情報システム部門、経営企画部門、事業(ビジネス)部門の皆さま。
(※本セミナーはユーザー企業様を対象としております。ユーザー企業のご参加を優先するため、ITベンダー様およびシステム開発事業者様のご応募をお断りする場合があります)

本セミナーは、受付を終了させていただきました。

セッション一覧

12:30 開場
13:00
|
13:55
基調講演
利用者視点で考えるクラウドのセキュリティ
〜ポイントは責任の共有と線引き
これからクラウドの活用を考えている方を対象に、オンプレミス環境とクラウド環境の考え方の違い、コスト(費用と手間)の考え方の違いについてお話します。オンプレミス環境ではすべて自社でコントロールできた範囲が、クラウド環境ではクラウド事業者の管理に依存する部分が出てきます。こうした責任分界点や責任共有モデルについてメリットとデメリットについてお話します。また、認証や認可も従来の方法とは変わってきます。アクセス権限の管理で気をつけるべきポイントをお話します。
石森 大貴氏

ゲヒルン株式会社

代表取締役
セキュリティ・キャンプ実施協議会 顧問・企画実行委員
石森 大貴氏

14:00
|
14:40
講演
AWS導入で実現するセキュリティ対策
サーバーワークスは2014年から3年連続プレミアコンサルティングパートナーです。本講演では、代表の大石みずからが、AWS導入によるセキュリティレベルの向上と、継続してセキュリティ対策を行う具体的な方法について、お客様事例を元にお伝えします。
大石 良氏

株式会社サーバーワークス

代表取締役
大石 良氏

[プロフィール]
1973年 新潟市生まれ
1996年 東北大学経済学部卒業
丸紅株式会社入社後、インターネット関連ビジネスの企画・営業に従事
2000年 当社設立、代表取締役に就任
AWS 認定ソリューションアーキテクト – プロフェッショナル
14:50
|
15:30
講演
ハッキング実演!攻撃から見る脆弱性診断の必要性とAlert Logicによるセキュリティ運用
近年Apache Struts 2やランサムウェアのWannaCryなど、企業に迫る脅威はより高度化してきております。
本講演では、企業向けに脆弱性の診断を行っている弊社診断員が実際にサーバへのハッキングを実演し、その上で企業が考慮すべきセキュリティ対策と運用体制、「AWSセキュリティ監視サービス secured by Alert Logic」によるセキュリティ運用の有効性についてご紹介します。
山谷 晶英氏

三井物産セキュアディレクション株式会社

プロフェッショナルサービス事業部
セキュリティエバンジェリスト
山谷 晶英氏

佐藤 裕貴氏

三井物産セキュアディレクション株式会社

プロフェッショナルサービス事業部
Alert Logic営業グループ マネージャ
佐藤 裕貴氏

15:40
|
16:20
講演
クラウド、Web API活用時代の企業の認証基盤のあり方
今や企業でも、クラウドサービスの活用、Web APIを用いた外部サービスとの連携が進み、企業の認証基盤に求められることも大きく変化しました。当講演では現代における企業の認証基盤のあり方について解説します。
また、当社が提供する統合認証プラットフォーム「ThemiStruct Identity Platform (テミストラクト アイデンティティ プラットフォーム) AWS対応版」での、サーバーレスアーキテクチャ採用の狙いについても紹介します。
八幡 孝氏

株式会社オージス総研

サービス事業本部 テミストラクトソリューション部 マネジャー
認証技術グループ 上席アーキテクト
八幡 孝氏

16:30
|
17:20
特別講演:パネルディスカッション
クラウド化で考えるセキュリティ再構築の要諦
クラウド環境への移行では、これまで講じてきたセキュリティ対策の見直しやクラウドに合わせた新たな対策を検討しなければなりません。本セッションでは、2014年からAWSへの全面移行を進める丸紅とアマゾン ウェブ サービス ジャパンをゲストにお招きし、サイバー攻撃をはじめとするリスクに強いクラウドシステムを実現する上で抑えるべきポイントを探ります。
加藤 淳一氏

丸紅株式会社

情報企画部 部長代理
加藤 淳一氏

[プロフィール]
1993年、丸紅株式会社入社。丸紅欧州会社、丸紅ITソリューションズ株式会社出向を経て、現在は丸紅株式会社 情報企画部にてグローバルのITガバナンス向上・共通ITサービス展開プロジェクト、セキュリティ強化施策、クラウド・インフラ分野等を担当。
市崎 洋平氏

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

エコシステムソリューション部 パートナーソリューションアーキテクト
市崎 洋平氏

國谷 武史

モデレーター

朝日インタラクティブ株式会社

ZDNet Japan編集部
國谷 武史

※プログラムは、予告なしに内容を追加や変更することがございます。ご了承ください。

協賛企業

参加申込み

本セミナーは、受付を終了させていただきました。

個人情報の取り扱いについて

<個人情報の利用目的>

・本セミナーへのご参加には、CNET_IDへのご登録が必要です。CNET_IDご登録時にご入力いただきました登録情報は、当セミナーに関するご連絡、及び朝日インタラクティブよりご提供するメンバーサービスに利用されます。

・また、本セミナーにお申し込みされたお客様の情報は、当社と個人情報保護に関する契約書を取り交わしております、協賛企業(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社、株式会社サーバーワークス、三井物産セキュアディレクション株式会社、株式会社オージス総研)に、当社個人情報取扱フローに準じて、適切な方法にて提供されます。

・お客様の個人情報はアマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社、株式会社サーバーワークス、三井物産セキュアディレクション株式会社、株式会社オージス総研より製品・サービスに関する情報を電子メールやダイレクトメール、お電話にてご提供する場合のみ、利用致します。

・具体的な個人情報の利用目的については「サービスごとの個人情報の利用目的」をご覧下さい。

・必要な個人情報をご記入いただけない場合には、当セミナーへの参加をご遠慮いただく場合がございますのでご了承下さい。

<個人情報の取扱いについて>

・ご回答いただいた内容、および個人情報は、朝日インタラクティブ個人情報保護方針の下で適切に取り扱われます。

・当社では個人情報を、上記に記載している利用目的の範囲内で外部に委託する場合、および法令等に基づく正当な理由により要求された場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく第三者に開示または提供することはありません。また、本人が容易に認識できない方法によって個人情報を取得することもございません。

・お客様ご本人の情報についての利用目的の通知・開示・利用停止、提供の拒否のご依頼についてはこちら、訂正・削除ついてはこちらをご覧下さい。

朝日インタラクティブ株式会社
個人情報管理責任者 経営管理部マネジャー

【お問い合わせ】
朝日インタラクティブ株式会社 お客様プライバシー係
privacy-inq@aiasahi.jp
※当社の個人情報の取扱いに関するご質問や苦情等のご連絡はこちらから

アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社
マーケティング本部 aws-jp-mktg@amazon.com

(アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社においては、その関連会社(直接的若しくは間接的に支配するか、これにより支配されるか、又はこれと共同して支配されているあらゆる事業体)に対して上記のお客様の個人情報が交付され、当該関連会社と共に利用されることが予定されています。AWSプライバシー規約:http://aws.amazon.com/privacy/

お問い合わせ

当セミナーに関するお問い合わせは、以下までメールにてご連絡下さい。

朝日インタラクティブ イベントサポート
メールアドレス: