デジタル化とは?

小売りや卸、製造業などさまざまな業種を横断して、ものづくり、物流、購買などのプロセスが急速にデジタル化していくこと。既存の仕組みと異なることが多く、戦略の立案方法を根本的に見直す必要が出てくるなど、企業経営に大きな影響力を及ぼすと考えられている。 小売業のオムニチャネルへの取り組み、金融におけるFinTech、製造業でのIndustry 4.0やIndustrial Internetによる工場の高度な自動化なども、大きなくくりで言えばデジタル化と言える。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  3. 3 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  4. 4 ランサムウェア

    マルウェアの一種で、感染したコンピュータ上のファイルやデータの暗号化などによりユーザーのアクセスを制限するもの。その制限を解除するために、攻...(続きを読む)

  5. 5 農業IoT

    IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを用いたかかし、大規模農場へのドローンに...(続きを読む)

  6. 6 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  7. 7 企業決算

    IT企業の決算では売上高や経常利益などの全体的な数値のほか、クラウド、ハードウェア、サービスなど事業分野別の業績やコストの推移などを把握する...(続きを読む)

  8. 8 サービタイゼーション

    製造業において、これまでのように生産した製品を販売することで稼ぐのではなく、製品をサービスとして提供することによって稼ぐ時代に変わってきてい...(続きを読む)

  9. 9 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  10. 10 デジタル化

    小売りや卸、製造業などさまざまな業種を横断して、ものづくり、物流、購買などのプロセスが急速にデジタル化していくこと。既存の仕組みと異なること...(続きを読む)

注目のキーワード

SDS(Software Defined Storage)
ソフトウェア定義型ストレージのこと。ブロックストレージ、オブジェクトストレージなどに分けられる。
続きを読む
成長ステージ
スタートアップ企業の成長の段階を示す。企業がどのステージにいるかを定義する明確なルールはないが、...
続きを読む
Windows XPサポート終了
クライアントOS「Windows XP」のサポートが2014年4月9日に終了した。メインストリームサポートや延長サ...
続きを読む
アジャイル開発
柔軟かつ俊敏にソフトウェアを開発する手法。2人1組でコードを書いていく「ペアプログラミング」、完成...
続きを読む
作業分解図(Work Breakdown Structure、WBS)
プロジェクト管理用語。プロジェクト中にプロジェクトチームが完成させる主要な成果物のリストのこと。W...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR