編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事まとめ:DX推進、IT人材や内製化動向

バックアップとは?

情報システムにおけるバックアップとは、サーバダウンなどのシステム障害が発生してデータを失ってしまう事態に備え、データの複製をあらかじめ作成しておくことを指す。問題が起きてもデータを復旧できるようなソフトウェア、ハードウェア、人的な体制全体を指すこともある。2012年は、レンタルサーバ事業者のファーストサーバがシステム障害を起こし、顧客が持つ大量のデータを消失させた事件が起きた。重要なデータを他社に預けることの是非にまで議論が発展。重要なトピックになっている。

関連記事

関連ホワイトペーパー

キーワードアクセスランキング

話題のキーワードと記事

  • サーバ、ストレージ、ネットワーク機器などを集中的に設置し、運用する施設のこと。ITインフラを効率的... 続きを読む >
  • 仮想化と似た要領で、1つのOS上に多数のアプリケーションをホストするコンテナ技術の最大手企業またはサ... 続きを読む >
  • プロジェクト管理用語。プロジェクトの境界を記述する方法であり、プロジェクトが何を成果とし、何を提... 続きを読む >
  • 「モジュール型」とも呼ばれる。従来のデータセンターは、まず建物を建築し、その中にサーバやネットワ... 続きを読む >
  • プライベートクラウドの一種であり、IT部門が自社組織のためにサービスを提供するというもの。 続きを読む >

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]