編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

ブロックチェーンとは?

 ブロックチェーンとは、公開鍵暗号による電子署名技術とP2P(Peer-to-Peer)ネットワーク内での、合意形成により確定された情報のみを格納する事で、改ざんが事実上不可能であり、且つ一意な分散型台帳を作る分散データストア技術の総称。


 一度の取引(トランザクション)を「ブロック」に格納し、このブロックを秘密鍵で暗号化、新しいブロックに1つ前のブロックのハッシュ値を含めることで、ブロックが時系列でチェーンのようにつながるデータ構造をとる。


 さらにブロック内の各取引も、1つ前の取引が新しい取引の秘密鍵を所有する形でつながっており、1つの取引を改ざんしようとするとその取引につながる過去のすべての取引を改ざんする必要がある。そのため、取引の改ざんは事実上不可能とされる。


 この改ざん不可能なデータ構造を守るために、取引に参加する全メンバーがP2Pネットワークでつながり、取引の記録であるブロックチェーンをすべて保持し、プルーフオブワークと呼ばれるブロックの妥当性検証を過去にさかのぼり行い続ける。 また、P2Pの仕組みにより、単一障害点を持たない為、サービスがダウンしにくい特徴がある。


 ブロックチェーンは、仮想通貨ビットコインの取引基盤技術として有名だが、現在では、ビットコインのように不特定多数のメンバーが参加する公開型ブロックチェーンのほかに、単一組織または複数組織の内部に閉じた非公開型ブロックチェーンが存在する。


 技術としても、ビットコインが実装しているブロックチェーン技術のほかに、ビットコインの派生技術として誕生した「Open Assets」「サイドチェーン」など、新規に開発された「Ethereum」「Eris」「Orb」「mijin」などが登場している。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  • アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)
  • IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)
  • プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)
  • 小売りや卸、製造業などさまざまな業種を横断して、ものづくり、物流、購買などのプロセスが急速にデジタル化していくこと。既存の仕組みと異なること...(続きを読む)
  • 開発プロジェクト管理用語。関連するユーザーストーリーの集合。「大きなユーザーストーリー」としても捉えることができる。 ...(続きを読む)
  • すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)
  • 原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)
  • アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)
  • 2020年に開催が決まった東京五輪を見据え、今後日本のIT環境も含めた変化の波が訪れることが予想される。従来のITに枠組みを越え、社会インフ...(続きを読む)
  • Salesforce.comが毎年秋に開催する年次イベント。2016年は、最高技術責任者(CTO)を務めるParker Harris氏は、基...(続きを読む)

話題のキーワードと記事

  • 仮想化と似た要領で、1つのOS上に多数のアプリケーションをホストするコンテナ技術の最大手企業またはサ... 続きを読む >
  • 企業が事業の一部を切り離し、新会社として独立させたり、他の企業に承継させたりすること。続きを読む >
  • IT企業の決算では売上高や経常利益などの全体的な数値のほか、クラウド、ハードウェア、サービスなど事... 続きを読む >
  • 企業やオープンソースプログラマーがハードウェアの仮想化に力を入れるという最近の潮流をネットワーク... 続きを読む >
  • ブラウザ同士でリアルタイムに映像やデータを送受信する技術。 続きを読む >

Special PR

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]