日本株展望とは?

IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説する。

関連記事

  • 米経済を弱体化させるトランプ政策--5つの誤り

    米経済を弱体化させるトランプ政策--5つの誤り

    トランプ大統領は米経済を強くする政策を実施すると言う。ところが、中身を吟味すると、短期的な景気押し上げ効果のみで、長期的には米経済を弱体化する政策が多い。

  • 弱者切り捨てのトランプ政策に不安高まる

    弱者切り捨てのトランプ政策に不安高まる

    先週もトランプ不安を高めるイベントがあった。議会に提出した2018会計年度の予算教書が新たな不安材料となった。予算教書から読み取れることは、トランプ政権がいつの間にか「弱者切り捨て」型の資本主義政権に変わりつつあることである。

  • 不確実性を乗り越える?--日本の「配当貴族」に注目

    不確実性を乗り越える?--日本の「配当貴族」に注目

    米国市場では「S&P 500配当貴族指数」の長期的な優勢が注目されてきた。同指数は「S&P 500指数構成銘柄のうち、25年以上連続して増配してきた銘柄群」で構成されている。

  • 半導体ブーム--ピークアウトはいつか?

    半導体ブーム--ピークアウトはいつか?

    半導体産業の景況は、山の天気のように急変することがある。上昇が続いている半導体関連株については、選別投資が必要な段階に入っている可能性もある。

  • 消化不良のロシア疑惑--今後の展開は?

    消化不良のロシア疑惑--今後の展開は?

    ロシアゲート疑惑が今後深まるか収束に向かうか、予断を許さない。金融市場は材料待ちで小動き。次の注目は30日以降に予定されるコミー前FBI長官の議会証言。トランプ大統領が政策実行能力を失う中で、対外強硬策を次々打ち出すのが最悪シナリオ。疑惑が早期終結するのが、楽観シナリオ。

  • 業績拡大続く--日経平均PERは14倍まで低下

    業績拡大続く--日経平均PERは14倍まで低下

    前期の連結純利益は、主要841社で集計すると、12.3%の増益であった。続く今期、会社予想ベースでは5.9%の増益が見込まれている。日経平均の予想PERは約14倍まで低下した。近年のPERレンジ14~17倍で見ると、下限に近い。

  • 政治不安で荒れる市場--ロシア疑惑で上値重く

    政治不安で荒れる市場--ロシア疑惑で上値重く

    ロシアゲート疑惑の捜査に、モラー特別検察官が任命されたことを受け、先週は、円高株安が進んだ。景気・企業業績の改善が続いているが、ロシア疑惑の材料待ちで、目先日経平均は上値が重くなりそう。

  • ロシアゲートに押される--トランプ弾劾に現実味?

    ロシアゲートに押される--トランプ弾劾に現実味?

    「ロシアゲート疑惑」とも言われ始めた米国政治を巡る不透明感は、税制改革を含む景気対策への期待や実現性を後退させており、日米市場の「恐怖指数」は再上昇している。

  • 好配当利回り株の選び方・買い方

    好配当利回り株の選び方・買い方

    銘柄選択にあたっては、単に予想配当利回りが高い銘柄を選ぶのではなく、長期的に保有して減配になりにくい銘柄を選ぶことが大切である。

  • 世界的な政治不安のタネは尽きない

    世界的な政治不安のタネは尽きない

    年後半の日本株は引き続き、景気・企業業績の拡大(強材料)と、政治不安の拡大(弱材料)の綱引きとなる。トランプ期待がトランプ不安に変わるリスク、世界中にポピュリズムが拡大するリスク、独裁国家(北朝鮮)の暴走リスク、東アジアの地政学リスクに注意が必要。

キーワードアクセスランキング

  1. 1 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  2. 2 座談会@ZDNet

    ZDNet Japan/TechRepublic Japan編集部が話題のテーマについてキーマンを呼び、座談会を実施する。ハイブリッドクラウ...(続きを読む)

  3. 3 ランサムウェア

    マルウェアの一種で、感染したコンピュータ上のファイルやデータの暗号化などによりユーザーのアクセスを制限するもの。その制限を解除するために、攻...(続きを読む)

  4. 4 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  5. 5 Sapphire Now

    SAPユーザー向け年次イベント。2017年は米フロリダ州オーランドで開催された「Sapphire Now 2017」において、SAPが企業の...(続きを読む)

  6. 6 人工知能(AI)

    「人工知能」が何なのかについての明確な定義は存在しない。人工知能学会のウェブサイトでも、人工知能の定義そのものが「議論の余地がある」とされて...(続きを読む)

  7. 7 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  8. 8 de:code

    日本マイクロソフトが開催する開発者向けの年次カンファレンス。4回目となる2017年は、5月23~24日の2日間にわたり開催され、AIやIoT...(続きを読む)

  9. 9 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  10. 10 企業買収

    ある企業が他社の株を支配的な保有数まで買い占めること。(合意による)友好的な場合もあれば、(合意を伴わない)敵対的な場合もある。...(続きを読む)

注目のキーワード

ビジネスインテリジェンス(BI)
ビジネスに関連する情報を分析、報告、管理、配信する方法論とツール群。アナリティクスで使用されるも...
続きを読む
バックアップ
情報システムにおけるバックアップとは、サーバダウンなどのシステム障害が発生してデータを失ってしま...
続きを読む
仮想アプライアンス
仮想化用語。何らかのアプリケーション(たいていの場合は特定の単一アプリケーション)をホストするう...
続きを読む
Dreamforce
Salesforce.comが毎年秋に開催する年次イベント。2016年は、最高技術責任者(CTO)を務めるParker Harri...
続きを読む
クラウドプロバイダー
クラウドベースのプラットフォームやインフラ、アプリケーション、ストレージサービスを他の組織や個人...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR