日本株展望とは?

IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説する。

関連記事

  • トランプ相場は終焉も歓迎したい「スーパーサイクル」

    トランプ相場は終焉も歓迎したい「スーパーサイクル」

    米株式市場では、IT関連が主導して最高値を更新。2016年後半から騰勢を鮮明にしており、さながら市場が「さようならトランプ大統領、こんにちはIT業界のスーパーサイクル」と宣言しているように思われる。

  • 半導体製造装置株はどこまで上昇するか?

    半導体製造装置株はどこまで上昇するか?

    半導体製造装置は成長産業とは言えない。ブーム時に利益が急拡大するが、不況になると赤字に転落することもある。循環しながら成長する半導体業界と異なり、半導体製造装置はこれまでのところ、利益循環型の産業の域を出ていない

  • 原油低迷--OPEC減産効果小、米シェール増産

    原油低迷--OPEC減産効果小、米シェール増産

    最近、原油価格が下がったのに2つ理由がある。OPEC減産の実効性が低下したこと。もう1つは、米シェールオイルの生産コストが低下し、再び、増産に転じていること。原油価格が1バレル40~50ドルで推移すれば、日本の企業業績にプラス寄与する。

  • 日経平均膠着--4~6月決算発表でどう動く?

    日経平均膠着--4~6月決算発表でどう動く?

    先週、イエレン米FRB議長がハト派姿勢を示し、米金利の先高感が低下したため、NYダウは最高値を更新。ただし、円高が進んだため、日経平均の上値は重いまま。これから本格化する4~6月決算に注目。設備投資関連の回復に期待。自動車は不振の可能性も。

  • ダウ平均が最高値を更新--ナスダックも復活するか

    ダウ平均が最高値を更新--ナスダックも復活するか

    世界市場のグロース株が立ち直るプロセスのけん引役として期待されるのがIT関連業種の株価回復である。IoTやAI、ビッグデータなど「第4次産業革命」がもたらす世界的な需要拡大で、IT業種の株価は徐々に立ち直りをみせている。

  • 2月決算小売業の第1四半期業績を総括

    2月決算小売業の第1四半期業績を総括

    小売業大手はバリュー相場に弱い。足元、バリュー優位の流れが出ていて、小売大手は上値重いが、先行きグロースの流れに戻れば、再びパフォーマンスが良くなる期待がある。

  • 上値重い不動産株--2018年問題意識?

    上値重い不動産株--2018年問題意識?

    都心は不動産ブームの様相。その恩恵で、大手不動産株は、最高益更新中。ところが、不動産株は上値が重い。不動産市況がやや過熱していることが警戒されている。

  • 割安銘柄に投資するメリット

    割安銘柄に投資するメリット

    日経平均はしばらく2万円前後で大きくは上下とも動きにくいと予想。成長株はうまく売買するとリターンが大きいが値動きが荒いので注意を要する。割安株にも分散投資することが望ましいと考える。

  • 日米景気は好調--日経平均の上値が重い理由

    日米景気は好調--日経平均の上値が重い理由

    先週発表された日米景気指標は好調。日経平均は目先2万円のボックス圏。日米政治不安、米金利上昇による米ナスダック指数の調整が警戒される。ボックスを上へ抜けるのは7月後半以降か?

  • 朝鮮半島危機再び? 有事リスクに備える投資は

    朝鮮半島危機再び? 有事リスクに備える投資は

    ドイツで開催されるG20サミット、米中首脳会談、米露首脳会談での朝鮮半島情勢を巡る議論や合意が注目される。習国家主席やプーチン大統領との交渉次第で、トランプ大統領が北朝鮮に対して強硬姿勢に出る可能性も否定できない。

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  4. 4 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  5. 5 企業決算

    IT企業の決算では売上高や経常利益などの全体的な数値のほか、クラウド、ハードウェア、サービスなど事業分野別の業績やコストの推移などを把握する...(続きを読む)

  6. 6 Gartner Symposium

    IT調査会社のガートナージャパンが開催するイベント。CIOをはじめとする ITリーダーが一堂に会する世界で最も重要なITイベントと同社は説明...(続きを読む)

  7. 7 人工知能(AI)

    「人工知能」が何なのかについての明確な定義は存在しない。人工知能学会のウェブサイトでも、人工知能の定義そのものが「議論の余地がある」とされて...(続きを読む)

  8. 8 クラウドプロバイダー

    クラウドベースのプラットフォームやインフラ、アプリケーション、ストレージサービスを他の組織や個人に提供する企業のこと。たいていの場合サービス...(続きを読む)

  9. 9 国内IT株動向

    日本国内における主要IT企業の株価をチェックする。...(続きを読む)

  10. 10 座談会@ZDNet

    ZDNet Japan/TechRepublic Japan編集部が話題のテーマについてキーマンを呼び、座談会を実施する。ハイブリッドクラウ...(続きを読む)

注目のキーワード

データセンターマネジメント
サーバやストレージ、ネットワーク機器などのITインフラを設置して運用するスペースを「データセンター...
続きを読む
ハードウェアアシスト
仮想化用語。ソフトウェアによって指定された命令を、コンピュータの物理プロセッサ側で処理し、仮想化...
続きを読む
デューデリジェンス
投資家が投資の可能性を探るため、すべての事実関係や数値を分析すること。財務記録やROI(投資対効果)...
続きを読む
成長ステージ
スタートアップ企業の成長の段階を示す。企業がどのステージにいるかを定義する明確なルールはないが、...
続きを読む
出来高(Earned Value、EV)
特定の時点までに完了した作業全体を評価するのに使用する...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR