日本株展望とは?

IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説する。

関連記事

  • トランプ期待に暗雲--リスクオフは続く?

    トランプ期待に暗雲--リスクオフは続く?

    トランプ政権の政策遂行能力や財政政策の実行を巡る不透明感で米国株が下落。米長期金利が低下し、ドル円は下落。リスクオフ(回避)姿勢を受け日経平均は下値を探る動き。

  • 地味でも何か光るところがある最高益更新企業

    地味でも何か光るところがある最高益更新企業

    今週に入ってから日経平均が急落したが、日本の景気・企業業績の改善傾向は続くと考えているので、ここからの下値リスクが大きいとは考えていない。最高益更新企業に注目。その他金融業には、地味でも何らかの強みを持ち、最高益を更新する見込みの企業が多い。

  • 好配当利回り株の選び方--まずディフェンシブ

    好配当利回り株の選び方--まずディフェンシブ

    円高リスク・政治リスクの高まりから、日経平均の先行きに下値不安が生じている。日本株は、配当利回りから見て割安で、ディフェンシブ好配当利回り株に、時間分散しつつ投資する価値があると考えている。

  • 世界景気は順調もトランプ・リスク警戒

    世界景気は順調もトランプ・リスク警戒

    先週は、波乱要因になる可能性のあるイベントが4つもあった。結果はどれも、マーケットを大きく動かすものとならず、NYダウ・日経平均とも、ここまでは大きく動いていない。

  • 欧米のリスクイベントはアク抜けか

    欧米のリスクイベントはアク抜けか

    欧米の株式市場は、「トリプルウィッチングデー(3人の魔女の日)」とも称された3月15日を乗り越えた感がある。警戒されていた米連邦公開市場委員会(FOMC)やオランダ総選挙は想定された範囲内の結果に終わり、株式は「イベント通過による安堵感」で上昇した。

  • 米利上げ決定--材料出尽くしで円高に

    米利上げ決定--材料出尽くしで円高に

    米FOMCで0.25%の利上げが決定した。イエレンFRB議長の元で3回目の利上げとなる。日本株にとってプラスマイナスとも特に大きな影響は及ぼさないと考えられる。

  • 30万円以下で買える3月決算好配当利回り株

    30万円以下で買える3月決算好配当利回り株

    好配当利回り株は、言い換えると不人気の割安株である。人気のない理由がそれぞれある。ただし、そういう不人気の好配当利回り株に投資して、長期的に好パフォーマンスが得られることもある。

  • FOMC、米債務上限引き上げ、オランダ下院選挙--3大イベントを控え小動き

    FOMC、米債務上限引き上げ、オランダ下院選挙--3大イベントを控え小動き

    3月15日にFOMC、米債務上限引き上げ、オランダ下院選挙を控え、日経平均は大きく動きにくくなっている。3大イベントを波乱なく通過することができれば、日経平均は上値トライしやすくなる。

  • 日経平均先物6月限を見る時の注意点

    日経平均先物6月限を見る時の注意点

    日経平均先物6月限の理論値は3月28日まで、日経平均より約130円低い。

  • 米国株はバブル?--世界市場の核心を再点検

    米国株はバブル?--世界市場の核心を再点検

    「史上最高の投資家」と呼ばれるWarren Buffett氏(米国の大富豪で投資会社Berkshire HathawayのCEOかつ筆頭株主)は、その発言が金融市場で注目されている。

キーワードアクセスランキング

  1. 1 IoT

    Internet of Thingsの略で「モノのインターネット」などと言われることもある。もともとのコンセプトは、機械同士がネットワークで...(続きを読む)

  2. 2 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  3. 3 IBM InterConnect

    米IBMが例年2月にネバダ州ラスベガスで開催するユーザーイベント。2015、2016年ともに世界各地から2万人以上が集まった。2015年は業...(続きを読む)

  4. 4 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  5. 5 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  6. 6 人工知能(AI)

    「人工知能」が何なのかについての明確な定義は存在しない。人工知能学会のウェブサイトでも、人工知能の定義そのものが「議論の余地がある」とされて...(続きを読む)

  7. 7 農業IoT

    IoTやドローンなどを使い、農業の生産性などを効率化する取り組み。センサを使った農地の状況監視やITを用いたかかし、大規模農場へのドローンに...(続きを読む)

  8. 8 データアグリゲーション

    レポートや分析を目的として、多種多様なソースからデータを収集し、そのすべてを共通のデータリポジトリにまとめること。...(続きを読む)

  9. 9 座談会@ZDNet

    ZDNet Japan/TechRepublic Japan編集部が話題のテーマについてキーマンを呼び、座談会を実施する。ハイブリッドクラウ...(続きを読む)

  10. 10 企業決算

    IT企業の決算では売上高や経常利益などの全体的な数値のほか、クラウド、ハードウェア、サービスなど事業分野別の業績やコストの推移などを把握する...(続きを読む)

注目のキーワード

クリックストリーム分析
ユーザーがウェブページでクリックするアイテムに基づいて、ユーザーのオンラインでの活動を分析すること。
続きを読む
ユーザーストーリー
アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰...
続きを読む
クラウドOS
プロバイダーのデータセンターを稼働させるという特別な目的のために設計され、インターネットやその他...
続きを読む
デジタル化
小売りや卸、製造業などさまざまな業種を横断して、ものづくり、物流、購買などのプロセスが急速にデジ...
続きを読む
コスト差異(Cost Variance、CV)
アーンドバリューマネジメント用語。現在までの進捗状...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?