Microsoft Inspireとは?

米Microsoftがパートナー向けに展開するイベントで、2017年は米国ワシントンD.C.で開催した。2016年までは「Microsoft Worldwide Partner Conference」として展開していた。全売り上げの92%がパートナー経由であるMicrosoftにとって非常に重要なイベントといわれる。また、通常は製品などの切り口でイベントを開催することが多いこともあり、Microsoftとしての全社的な視点で開催するという意味では数少ない機会となる。

 カナダのオンタリオ州トロントで開催した2016では、全社的な新たなテーマとしてデジタルトランスフォーメーションを打ち出した。Satya Nadella CEOが務めた基調講演では、JALのホロレンズの最新デモを披露。クラウドをベースに、あらゆるビジネスのデジタル変革に注力する考えを示している。

 フロリダ州オーランドで開催された2015では、Office 365、Windows Azure、Dynamics CRM Onlineなどの主力に加え、GigaJam、ホログラフィック技術、機械学習とデータ分析技術の組み合わせによる新たなビジネス創出による事業拡大などを強調した。

関連記事

キーワードアクセスランキング

  1. 1 日本株展望

    IT企業の戦略や業績、顧客動向はマクロとしての経済のゆくえに影響を受けざるを得ない。重要な指標の1つと言える日本株の指数の先行きについて解説...(続きを読む)

  2. 2 スプリント

    アジャイル開発プロジェクト管理用語。イテレーションに似たスクラムベースのアジャイル開発方式(続きを読む)

  3. 3 制約条件

    プロジェクト管理用語として使用する場合、プロジェクトチームの制御が及ばない制限のことを指す。これらは管理される必要があるが、必ずしも問題であ...(続きを読む)

  4. 4 ユーザーストーリー

    アジャイル開発におけるプロジェクトの要求事項のことだ。ユーザーストーリーは、特定の要求事項の「誰が」「何を」「どうして」という要素を定義する...(続きを読む)

  5. 5 リレーショナルデータベース(RDB)

    すべてのデータを表(テーブル)形式(行と列)で表現するデータ管理方式を持つデータベース。 (リレーショナルデータベースの)“リレーション”...(続きを読む)

  6. 6 Microsoft Inspire

    米Microsoftがパートナー向けに展開するイベントで、2017年は米国ワシントンD.C.で開催した。2016年までは「Micros...(続きを読む)

  7. 7 サプライチェーンマネジメント(SCM)

    原材料の供給から商品が顧客に販売されるまでのプロセス(サプライチェーン)を最適化し、経営効率を高めるための管理手法。またはそのための情報シス...(続きを読む)

  8. 8 インメモリデータベース

    データをディスクではなくメモリから呼び出すことにより、高速な処理を実現する技術をともなったデータベース管理システム。通常コンピュータではディ...(続きを読む)

  9. 9 エピック

    開発プロジェクト管理用語。関連するユーザーストーリーの集合。「大きなユーザーストーリー」としても捉えることができる。 ...(続きを読む)

  10. 10 オーケストレーション

    システムを構成するプラットフォームやミドルウェア、サービス、アプリケーション、管理ツールなどの設定や管理を自律的に連携させること。...(続きを読む)

注目のキーワード

アプリケーションプログラミングインタフェース(API)
既存のソフトウェアから一部の機能を呼び出して別のソフトウェアで利用できるようにするための、規約や...
続きを読む
プランニングポーカー
アジャイル開発プロジェクト管理用語。Mountain Goat SoftwareのMike Cohn氏が考案した見積もりゲーム。...
続きを読む
オンデマンドサービス
顧客が自らの必要に応じてクラウドサービスを購入できるモデルのこと。一例として、あるプロジェクトの...
続きを読む
スケジュール差異(Schedule Variance、SV)
アーンドバリューマネジメント用語。プロジェクトのEV...
続きを読む
HPE Discover
Hewlett Packard Enterprise(HPE)の年次カンファレンス。英ロンドンで開催した「HPE Discover London ...
続きを読む

キーワード解説とは

SpecialPR

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]