編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ホワイトペーパー

経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

株式会社アシスト 2019-10-04

経済産業省の発表によると、約8割もの企業が未だにレガシーシステムを抱えているという。しかも、そのうちの約7割の企業がレガシーシステムをDXの足かせと感じると回答しているのである。もはや将来的なビジネス成長に向けてニーズの変化に柔軟に対応するためには、老朽化、や肥大化・複雑化、ブラックボックス化といった数々の課題を抱えるホスト系システムのオープン化は急務と言っても過言ではない。

ただしオープン環境への移行過程においてぶつかりがちなのが、データのバッチ処理にかかる時間の問題である。とくに基幹業務のバッチ処理は、開始から終了までの許容時間が定められている場合が多く、例えば夜間にバッチ処理を終えられなかった場合にはビジネスに大打撃を与えてしまうこととなる。

つまり、ホストやメインフレームのバッチ処理をオープン化する際には、プログラムとデータを変換できるかという観点に加えて、「処理性能」「開発生産性」「安定性」を検討する必要があるのだ。本資料では、これらの要件を兼ね備えた、アシストが販売する高速データ加工ツール「Syncsort DMExpress」により、いかにスムーズなレガシーモダナイゼーションを実現できるかが、国内3社の成功事例を交えて解説している。まずはDLをおすすめしたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]