ホワイトペーパー

「サイバー攻撃対策」と「Webフィルタリング」による出口対策をクラウド上で実現

アルプスシステムインテグレーション株式会社 2017年01月16日

標的型攻撃の巧妙化や未知の脅威の増加により、入口での防御だけではなく、出口における多層防御の重要性が高まっている。最新の脅威への即時対応と出口での多層防御をクラウド上でサービスとして提供するのが、アルプス システム インテグレーション(ALSI)の多層セキュリティゲートウェイサービス「InterSafe GatewayConnection」だ。

本資料は、同サービスが提供する「サイバー攻撃対策」と「Webフィルタリング」の各サービスの特長や優位性について、従来の対策方法との比較を交えながら、図版やグラフを多用して分かりやすく解説している。

特長として、例えば「サイバー攻撃対策」では、最新の脅威から守るために、世界中から収集する振る舞い検知を含む「脅威インテリジェンス」を30分ごとに提供することによる即時性のあるブロッキングサービスが挙げられる。また、「Webフィルタリング」では、国内最大規模のリサーチセンターによる目視/登録と、複数の専門機関の協力による国内最高水準の網羅率とフィルタリング精度を誇るURLデータベースを元にして危険なサイトへのアクセスを遮断する点が挙げられる。

機能の詳細のほか、「InterSafe GatewayConnection」の仕様、サービス利用料金、保守サポートを紹介する資料となっている。ぜひダウンロードの上、ご確認いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)