ホワイトペーパー

ストレージ比較!「Dell EMC」vs「HPE」結果をどう見る?--大量データ処理は企業の生命線

EMCジャパン株式会社 2018年01月18日

本資料は、Principled TechnologiesがDell EMCの委託をうけて行った貴重なストレージ評価データです。

昨今、データ処理速度の低下は企業全体の生産性低下をも招く、重大なリスクと受け止められています。そのため自社の業務に最適なストレージ製品の選択は、業績全体を左右する事項となります。

特に、オンライントランザクションとデータマートの両方のワークロードを同じストレージ環境で実行する必要があった場合に、その影響は顕著となります。パフォーマンスの悪化がそのまま企業全体の生産性の低下に直結します。

そこで比べたのは以下の通り。
・Dell EMC Unity 400Fオール フラッシュ ストレージ アレイを実装したDell EMC PowerEdge R930サーバ1
・HPE 3PAR 8400アレイを実装したHPE ProLiant DL580 Gen9サーバ

どちらも高性能・最先端のフラッシュストレージ製品であり、それを比較することは大きな意味を持ちます。3種類の実践的なテストを行い、両ソリューションがデータベース集約的なタスクにおいて、どの程度業務をサポートできるかを比較しました。

テストはいずれも、オールフラッシュストレージを用いることで、前述の致命的な状況を回避するアプローチです。それが製品ごとにどう異なるかまで踏み込んで示しています。ぜひ、ご覧ください。

Intel、インテル、Intel ロゴ、Xeon、Xeon Inside は、アメリカ合衆国および / またはその他の国における Intel Corporation またはその子会社の商標です。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]