ホワイトペーパー

無線LANネットワークを狙う11のセキュリティの脅威

ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社 2016年11月28日

無線LANが、あらゆる分野へ拡大している。今日、多くの企業の従業員は、オフィスや工場のあらゆる場所でネットワークに接続して仕事をすることを望んでいる。また、無線LANサービスは従業員の業務効率を向上させるだけでなく、顧客満足度向上にも効果がある。無線LANサービスを導入していないホテルは敬遠される傾向にあるし、病院や教育機関、小売業の実店舗なども同様だ。

しかし、無線LANサービスの導入には、エンタープライズグレードのセキュリティ対策が必要となる。マルウェア感染はもちろん、DoS攻撃、MACアドレスの偽装によるなりすまし攻撃などにさらされる危険があるからだ。また、設定ミスなどによって情報漏えいのリスクが高まることもある。

本資料では、「無線LANが拡大している理由」「無線LANネットワークを狙う11のセキュリティの脅威」「業種別(小売業/観光業/医療機関/教育機関)の問題」を整理するとともに、「今すぐ実行すべき対策」やそのための具体的なソリューションを紹介。無線LAN環境をこれから構築しようとしている企業にも、すでに構築している企業にとっても有用な資料となっている。ぜひダウンロードしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)