ホワイトペーパー

冷却は「部屋単位」から「列単位」へ――高密度の仮想化時代に対応できるデータセンターとは

株式会社APCジャパン 2010年04月21日

“グリーンIT”が強く求められる昨今、仮想化技術によってサーバを集約・統合し、IT機器の台数を減らすことによって省電力化を図ろうとする動きが盛んです。

しかし、単にサーバの台数を減らすだけで、機器の高密度化への対策を怠ると、データセンター全体で見た場合むしろ電力効率が低下することがあります。従来のデータセンターはエアコンに冷却を頼っていたため、高密度化したIT機器の熱に対応しようとすると部屋全体を冷やすための空調システムを強化する必要があり、結果的に必要な電力が増加してしまう可能性があるからです。

APC Japanの「InRow冷却システム」は、冷却のための装置をラックの列(Row)の中に組み込むことで、「部屋単位の冷却」から「列単位の冷却」を図り、データセンター全体の電力効率を向上させます。データセンターの集約にあわせてこれを導入した日本オラクルでは、冷却パフォーマンスの向上に加え、ラックの運用効率の改善も実現しています。

このホワイトペーパーでは、冷却システムに加え、電源装置、負荷の変動、各機器の配置といった、データセンターの効率に関係するさまざまな要素を最適化する方法について解説しています。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]