ホワイトペーパー

データセンターの課題を「視える化」するAPCアセスメントサービス

株式会社APCジャパン 2010年08月06日

「温室効果ガス削減」、「CO2削減」、「熱問題解決」、「環境への法規制強化」や「地球温暖化対策計画書制度」など、データセンターへの要求はどれも待ったなしの状況です。このような課題に何とか対応しなければと考えつつも、「どこから手をつけていいか分からない」「改善の余地は確実にあるが、何が問題かが見えてこない」といった悩みを抱えるIT管理者、設備担当者の方々も多いのではないでしょうか。

エーピーシー・ジャパンでは、データセンターの課題を「視える化」するアセスメントサービスをご用意しております。数値流体力学や赤外線サーモグラフィなどを駆使してエアフローや熱分布を可視化することで、課題をしっかりと把握し、問題解決のためのコストを最小限に抑えることが可能となります。また、このサービスは「ベンダーニュートラル」であり、APC製品を推奨するためのものではございませんので、お客様の視点に立って適切なアドバイスをご提供することができるのです。

この資料では、長年培った確かなノウハウを基にデータセンターの課題を浮かび上がらせ、「視える化」するAPCのアセスメントサービスについて詳しくご紹介いたします。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]