ホワイトペーパー

グリーンITに向けた電源冷却容量とPUE可視化によるエネルギー効率管理

株式会社APCジャパン 2010年08月06日

データセンターの効率化・グリーン化が叫ばれる中、IT機器の高密度化や消費電力削減を実現する技術への注目が高まっています。そのような新たなチャレンジが求められている一方で、データセンターの運用に関しては、担当者の経験や勘、おおまかな将来予測や現場判断などに基づいた、旧来の運用形態が続いていないでしょうか。そのような管理手法では、今後のさらなる高密度化に対応できないばかりか、予測不可能なトラブルが発生したときに解決方法が見つからないといった自体に陥りかねません。

前述のような問題な対応するには、センサーやソフトウェアの力によって、データセンター/サーバールームの状態を定量的に管理していくことが求められます。APCでは、サーバールームの温湿度やドア開閉といった環境・物理セキュリティを監視する「NetBotz」、UPSの状態や各分電盤の電力使用状況などデータセンター全体の電力システムを可視化する「PowerLogic ION」(Schneider Electric製品)、空調や電源などの物理インフラを統合管理するソフトウェア「InfraStruxure Management Software」といったソリューションをご用意しています。

この資料では、高効率化とグリーンITを実現するAPCの各種管理基盤とその導入事例をご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]