ホワイトペーパー

データセンターの電力および空調のキャパシティ管理

株式会社APCジャパン 2010年08月06日

高密度IT機器の導入は、データセンターの物理インフラに大きな影響を与えます。こうしたIT機器を十分な検討なく導入してしまうと、データセンターの電力や空調環境で過負荷、冗長性の喪失、熱問題といった予期せぬ問題が発生する可能性を高め、ダウンタイムを引き起こしてしまいます。

このような事態を回避するためには、どのようなITシステムが必要なのか、そのIT負荷をサポートするにはどのような電力、空調インフラが必要か、インフラコストはどのくらい要するのか、といったキャパシティ管理が不可欠です。

本資料では、データセンターの電力、空調、およびスペースの容量に関する問題を、キャパシティ管理におけるITILの視点から説明しています。管理対象となる電力および空調の供給と需要、および各種容量の定量化のためにモデルを使用して説明。このモデルは、キャパシティ管理システムの特定、またはサービスレベル管理のガイドラインを設定するためのフレームワークとしてご活用いただけます。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]