ホワイトペーパー

データセンター効率 (PUE) の計算に関するガイダンス

株式会社APCジャパン 2010年08月06日

効果的なエネルギー管理計画の一環として、データセンターのインフラ効率を把
握することが重要です。その際に、業界標準として知られている指標が、電力使
用効率 (PUE)と、その逆数であるデータセンターインフラ効率 (DCiE)です。

PUEやデータセンターのインフラ効率のベンチマーキングを行う場合には、消費
電力のうちどの部分が IT 負荷に含まれ、どの部分が物理インフラに含まれ、ど
の部分を計算から除外するかを、あらかじめ厳密に取り決めておく必要がありま
す。サーバーやストレージ装置を IT 負荷に分類し、UPS や冷却/空調装置を物
理インフラに分類することは明らかですが、作業員用のスペース・開閉器・ネッ
トワーク運用センターなどのサブシステムの負荷をどう扱うかは曖昧にされがち
です。

このホワイトペーパーでは、それらのサブシステムのエネルギー消費をどのよう
にして PUE の計算に含めるか、また、測定するのが複雑でコストがかかってしまう
装置のエネルギー消費を決定するためのアプローチを説明し、効率計算を行う際
に必要なデータセンターの負荷を分類する標準的な方法をご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]