ホワイトペーパー

仮想化:電源および空調の最適化によって最大限のメリットを実現

株式会社APCジャパン 2010年08月06日

仮想化によってもたらされる、コスト削減、効率や信頼性の向上といったメリットを最大化するためには、物理インフラも最適化することが重要です。

仮想化によって物理機器を整理統合することで、確実に消費電力を低減できます。電源および空調システムをアップグレードし、仮想化IT レイヤーと同様のスリム化を図ることで、さらに多くの消費電力を節減でき、仮想化のみで達成できる電気料金削減の2 倍以上の額を削減できます。

この資料では、適切に設計された物理インフラを使用することで、仮想化環境を効果的かつ効率よくサポートし、仮想化以前と比べて電力密度とデータセンター全体の効率を大幅に改善できるということを解説します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]