ホワイトペーパー

サーバールームの物理インフラの可用性向上のために

株式会社APCジャパン 2010年11月08日

サーバールームやデータセンターの物理インフラの可用性向上は、ITそのものの価値を増大させる。しかし、発熱問題、 電力・電源容量不足、設計/構築のスキル不足、想定外の拡張、機器の管理、導入期間の短縮などさまざまな課題により、物理インフラの最適化は難しいのが現状だ。

こうした問題を解決するのが、電源、冷却、管理およびサービス機能をラックに統合したAPCのソリューション「InfraStruxure」だ。モジュール設計および可動式の標準化されたコンポーネントから必要なものを選択してソリューションを作り出すことにより、自社に最適なソリューションを作り出せる。

本資料は、「InfraStruxure」の全容を紹介する資料だ。単に製品の紹介にとどまらず、前述した課題に対して、「InfraStruxure」によってどう解決されるかが整理されている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]