ホワイトペーパー

日本企業のための「日本品質」クラウドERPがDXを加速する

SAPジャパン株式会社 2018年08月07日

多くの日本企業がデジタルトランスフォーメーションに舵を切り、今後あるべきシステムの姿を模索しています。こうした中、クラウドサービスの活用は急速に拡大し、基幹システムのクラウド化もすでに始まっています。

こうしたなかで、SAPは、導入や展開の迅速化、シンプル化を図るために完全SaaS型でFit to Standardを目指すSAP S/4HANA Cloudをリリースしました。さらに、より自由度が高く、業務プロセスに柔軟に対応できるサービスが欲しいというユーザーの声に応じてシングルテナント型のSAP S/4HANACloud, single tenant editionがラインナップに加わりました。これにより従来のオンプレミス版(ソフトウェア購入モデル)を継続する選択肢に加え、パブリッククラウド、プライベートクラウドのいずれかを選択できるようになっています。
そして、「SAP S/4HANA Cloud, single tenant edition」は、日本企業が求める高品質と柔軟性を提供します。

詳細はダウンロードしご覧ください。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]