ホワイトペーパー

情報漏えい対策で見落としがちな「共有ID」に潜むリスクとは? 押さえたい管理ポイントを解説

NTTテクノクロス株式会社 2023-11-10

多くの企業において、業務で利用するシステムにはIDとその利用者は1対1を前提に管理されるが、なかには特定の個人に紐づかない「共有ID」がどうしても存在する。
例えば、システムの特別な権限を付与されたアカウントである特権IDや、取引先から貸与されたグループ用IDなどの共有せざるを得ないケースが該当する。
昨今、情報漏えいのリスクが高まる中で、適切なID管理・制御が求められており、特に取り扱いに注意したいのが、これらの共有IDだ。よりセキュアなシステム運用を図るためには、それぞれのIDの特徴や運用方法を理解する必要がある。
この資料では、共有IDに潜むリスクや押さえておきたい管理のポイント、各IDのリスクに対処する3つの管理方法を解説している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]