編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

ホワイトペーパー

調査・復旧に5,000万円のケースも!国内企業の被害事例から考える効果的なランサムウェア対策

エムオーテックス株式会社 2022-08-10

いま、サイバー攻撃により企業が被る被害はより深刻度を増している。なかでも最大の脅威となるのがランサムウェアだ。今年1月にIPAが発表した「情報セキュリティ10大脅威 2022」の組織編においても、2年連続「ランサムウェアによる被害」が1位にランクインしている。さらに警察庁では、ランサムウェアの被害について、感染したシステム等の復旧に2ヵ月以上を要した事例や、調査・復旧に5000万円以上もの費用を要した事例が確認されたとして注意を促している。

このように、国内企業においてもランサムウェアの被害が増加しているなか、すべての企業には早急な対策が求められている。そこで本資料では、猛威を振るうランサムウェアの特徴や被害状況、さらには被害に遭ったときにどうすればよいかについて解説している。ぜひ貴社のセキュリティ対策強化の参考にしていただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]