編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

ホワイトペーパー

多様化を極めるサイバー攻撃、インシデント対応の強化に欠かせないベストプラクティスを解説

エムオーテックス株式会社 2022-08-10

多様化を極める「サイバー攻撃」。ある調査では、新型コロナウイルス感染症のパンデミック以降のサイバー犯罪件数は600%増加したと報告されている。ただ、多くの組織では
サイバー攻撃のインシデントに対する保護や備えが十分とは言えないのが現状だ。

最近の傾向からも「より強力な攻撃予防策」と「インシデント対応」の必要性は明らかとなっている。インシデントに備えるためには「攻撃者はどこから攻撃を仕掛けてくるのか」「どのような痕跡を残すのか」を的確に判断する必要がある。

以下の資料では、攻撃が疑われる場合のインシデント封じ込め対策の4つのフェーズを解説。また、インシデント対応でセキュリティ専門家が確認するポイントを踏まえ、インシデント対応計画に着手する際の注意点、インシデント対応強化を図るヒントを提示する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]