編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

ホワイトペーパー

データ侵害コストの低減、インシデント対応強化に欠かせない「インシデント対応計画」ガイドライン

エムオーテックス株式会社 2022-08-10

サイバー攻撃が猛威を振るう中、多くの企業・組織がセキュリティ強化に追われている。特にデータ侵害に関する対策は手間も時間も要する。IBMが毎年実施している「データ侵害のコストに関する調査」によると、サイバーセキュリティインシデント対応計画を備えた組織は、一件のデータ侵害に要する平均コストが、インシデント対応能力のない組織よりも246万ドル低いと報告されている。

サイバーセキュリティインシデントは常に発生する可能性がある。そのため、企業がサイバー攻撃により早く対応できるように「インシデント対応計画」をあらかじめ策定しておく方が望ましい。

自社に最適かつ効果的なサイバーセキュリティインシデント対応計画を策定するにはどうすればいいのか? 以下の資料では、一般的なサイバーセキュリティインシデント対応計画の手順の概要と、各セクションに含めるべきベストプラクティスを紹介する。インシデント対応に苦慮している担当者はぜひ参考にしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]