ホワイトペーパー

テレワークのワンタイム接続でも効果を発揮! 国内2000社超が採用する定番リモートアクセスツール

株式会社オーシャンブリッジ 2019年02月01日

「リモートワーク中に会社のサーバーに格納しているファイルデータを見たい」「地方拠点の社員のPC上を遠隔からガイドして操作をサポートしたい」「IoT関連のサーバ機器を遠隔管理したい」──。働き方改革やテレワークの取り組みが進む中、そんなちょっとしたリモートアクセスへのニーズが増している。
リモートアクセスを実現するツールはさまざまだが、VDIやDaaSなど大掛かりな基盤が必要でライセンス費用や運用も高額になりやすい。そんななか「安心・簡単・低価格」を掲げ、国内2000社以上で採用されているリモートアクセスツールがある。
特徴は、必要なときにワンタイムで接続できることや、セキュアにオンプレミスで常時接続を構築できること、AWSクラウド環境に対応することなどだ。本資料は、その製品の特徴とユーザー事例を紹介したホワイトペーパーだ。導入しやすく使用しやすいため、かゆいところに手が届くリモートアクセスツールだ。
働き方が多様化する現在、さまざまなシーンで選択肢の1つになるはずだ。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]