ホワイトペーパー

社員のセキュリティアウェアネス向上がインシデントへの最適解!

グローバルセキュリティエキスパート株式会社 2017年08月16日

セキュリティ対策は、「人的対策」に目を遣ることこそ、最も効果を上げる手法だといえる。それは、ネットワークを運用し端末を扱い、また、情報そのものを扱うことが「人」であるからである。
つまり、企業のセキュリティ対策においては、従業員や社員という「人」のセキュリティ意識、アウェアネスを高めることをもっと重要視すべきではないか。
では、どうしたら、従業員・社員全体のセキュリティ意識を高めていけるのか。限られたリソースのなかで、企業はどういった方法で「人」にフォーカスしたセキュリティ対策を行うべきか。

この問いに対し、適切な回答をしてくれているのが、本ホワイトペーパーで紹介する「ITセキュリティeラーニングサービス”MinaSecure”」(グローバルセキュリティエキスパート社(GSX))である。

これまで技術的対策は万全に取り組んできたが、効果が今一つであったり、あるいはもう少し「人」に着目したセキュリティ対策を考える企業、情報システム担当者に考慮いただきたい内容であり、また、経営、企画、総務、営業など、情報システムを活用して活動するすべての方々にも一読いただきたい資料となっている。
ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)