ホワイトペーパー

IoTをビジネス活用するための技術、事例、価値を徹底解説

KDDI株式会社 2017年09月04日

IoTが実現する世界。例えば、車が自宅に近づくと照明が自動的に点灯し、朝の目覚まし時計が鳴るとコーヒーが入り始め、家族の一員が玄関のドアに近づけば鍵が自動的に開く。もちろん、家族以外の誰かが玄関に立っても鍵は開かない。

しかしIoTの真の価値は、ユーザーに提供するそういった便利さだけではなく、センサーやデバイス、ネットワーク接続機器が収集するデータにある。

機器から収集したデータを活用すれば、一般消費者や企業、それにネットワークに接続された都市全体までもがより効率的に機能できるようになる。そこで生み出される新たなビジネスチャンスも大きい。もっとも、収集した大量のデータを処理して、それを価値あるものにするには多くの課題がある。当然、セキュリティの問題も避けては通れない。

本資料では、新たなビジネスとなる可能性を秘めた IoT の技術、事例、価値を徹底解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)