ホワイトペーパー

活発に知識をシェアして仕事を進めよう!グループウェアは「働く場所」の一つになっている

サイボウズ株式会社 2018年07月17日

「ひと昔前のグループウェアは、情報を共有して保管する場所でした。一人ひとりの作業は孤立していて、『共有しろ』と言われている成果物だけを共有するスタイルで、ファイルサーバの容量が限られていた頃にできた制約のままになっているのです」

そう話すのは、株式会社アイ・ティ・アール(ITR)の取締役/シニア・アナリスト舘野真人氏だ。古いグループウェアの持つ制約が、社員のコミュニケーションを阻害し、働き方改革や業務改革がうまく進まない背景にあるという。

「現在のグループウェアは、ネットワークを介して共同作業を進めるための“ワークプレイス”です。例えば、ニュースを読んでみんながシェアすることで情報収集の効率がものすごく上がる。新しい仕事の進め方が簡単にできるよう進化しています」(舘野氏)

本資料は、ITR舘野氏へのインタビューを通して、多様な働き方に適応するワークプレイスをどう実現していくべきかを探ったホワイトペーパーだ。今すぐに取り組めるヒントが詰まっているので、社内改革に頭を悩ませている担当者はぜひダウンロードしてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]