ホワイトペーパー

ハイブリッドクラウド環境で適切にアプリケーションを使う「6つの基本要件」

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社 2017年07月19日

アプリケーションは業務を行ううえで不可欠な存在です。
現在のクラウド中心の環境では、リソースを最適化するために、オンプレミスとクラウドの両方でアプリケーションを配信する必要があります。

このようなニーズに対応するのが、アプリケーションデリバリーコントローラー(ADC)です。そして、ハイブリッドクラウドを実現する場合、オンプレミスとクラウドの両方でADCを管理できるシステムが必要になります。

つまり、ハイブリッドクラウドを成功させるには、「一元化された管理ソリューション」と連携するADCの採用が重要です。そうすることで、アプリケーションの自由な移行、ワークロードバランスの最適化、ユーザー要件の管理、パフォーマンスの向上、トラブルシューティング、ユーザーの生産性の維持ができるようになるのです。

ハイブリッドクラウド環境でADCを管理するため、一元化されたネットワークソリューションで必要となる6つの基本要件を詳しく解説します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)