ホワイトペーパー

ロシアのウクライナ侵攻でランサムウェア攻撃はどう変化するか、最新の調査データでリスクを評価

ジュニパーネットワークス株式会社 2022-10-25

多くの企業が、2021年から急速に強まっているランサムウェアの状況の変化を理解する必要に迫られている。さらに、2022年のロシアによるウクライナ侵攻と、それに伴うロシアへの厳しい経済制裁により、ランサムウェアのリスク評価が難しくなった。過去のランサムウェア攻撃は愉快犯の性質が強く、金銭的被害も小さかった。それがこの2年間で大きく変化し、より高度で破壊的なランサムウェア攻撃の急増を招いた。
ジュニパーネットワークスが支援してまとめたこの資料では、ランサムウェア攻撃の大半にロシアのグループが関与していることを考慮し、2022年のランサムウェアリスクを評価する。2021年後半にさまざまな国で強化されたランサムウェアエコシステムへの政府介入とその影響についても解説する。ランサムウェア攻撃が広範な国家の安全保障、経済全体、市民の健康や安全への脅威へと変貌している状況を、最新のデータと実例を交えて紹介している。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]