ホワイトペーパー

ソフトウェアコンポーネント(部品)の再利用を促進させる2 つのポイント

スパークスシステムズ ジャパン株式会社 2007年05月30日

ソフトウェアやシステムを設計開発するほとんどの会社では、設計開発する対象に関する仕様書や設計書・ソースコード・参考資料などをファイルとして蓄積し、将来の設計開発に「再利用」できるようにしていることでしょう。しかし、現実的にはこれらの情報を積極的に活用して設計開発されている例は非常にまれです。

このような状況を打開し、「再利用」による設計開発の効率化を図るための解決策の詳細、および具体的な実現方法をご紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]