ホワイトペーパー

B2B取引のEコマース化によるメリットを徹底調査~業務効率改善やコスト削減など具体的な導入効果を検証

株式会社セールスフォース・ジャパン 2020-09-25

エンドユーザー向けのECが活況を呈する傍らで、企業間取引、いわゆるB2BにもEコマース導入の波が広がり始めている。導入の背景にあるのは、電話やFax等を利用した非効率な受発注業務からの効率改善や、B2Cさながらの使いやすいユーザーインターフェイスを取り入れた顧客体験(CX)の改善による、売上高の拡大などが含まれる。

実際、B2Bにおけるeコマースの投資効果とは一体どれくらいなのだろうか? 以下の資料ではB2B eコマースを実際に導入した食品流通、工業製品、パッケージング、化学分野のグローバル企業4社にインタビュー形式で調査したB2B取引のeコマース化やシステム刷新による投資効果を紹介。

導入メリット、費用、リスクの観点から4社の分析を行い、導入前後での財務面での変化を定量的に評価するとともに、従業員の生産性の向上や受発注ミスの低減など直接的に財務諸表に影響しない内容についても、定性的な分析が行われている。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]