編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

ホワイトペーパー

DXの遅れが指摘されている日本の化学・素材企業:一気に変革を加速するアプローチとは

株式会社セールスフォース・ドットコム 2021-09-02

コロナ禍を機に、日本の化学・素材企業においてもDX(デジタル・トランスフォーメーション)への取り組みが加速している。ただし、研究開発や製造におけるデジタル化は進行しているものの、顧客との接点である販売・サービスに関しては、欧米企業と比べてデジタル活用はまだまだ遅れを取っているのが現実だ。すでに欧米企業では、デジタルを活用して複数事業・地域の顧客情報の統合や標準化を終えており、社外の協力会社を融合させたビジネスネットワークの構築に取り組んでいるのだ。グローバル競争を勝ち抜くため、日本の化学・素材企業のDX推進にも、複数の事業形態を全社統合するCRMの整備が必要ではないだろうか。そこで本資料では、化学・素材業界のDXのあり方を改めて問うとともに、化学・素材企業がSalesforceを全社のCRMとして活用して、競争優位をもたらすDX戦略を実践するための具体的な手法について解説している。まずはご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]