ホワイトペーパー

「標準ネットワーク」としての対策できてますか? 無線LANの認証強度を高め、運用負荷を軽減するには

株式会社ソリトンシステムズ 2018年09月03日

無線LANが企業インフラの「標準ネットワーク」になってきた。基幹系システムや特定の業務システムなどを除く、クライアントやエッジ側のインターネットアクセス環境はほぼすべてが無線LANに頼っている。

ただ無線LANは、有線LANのように物理的な配線が不要であり、盗聴や不正アクセスの懸念が常ににつきまとう。企業ネットワークでは、家庭向け無線LANのような共通パスワードを使った認証ではまったく不十分だ。

そこで重要になるのが電子証明書を使ったユーザー認証とデバイス認証だ。しかし、これらは実装がやや手間で運用負荷が高いという課題がある。

本資料は、こうした無線LANセキュリティの現状と、求められる認証方式、運用課題の解決方法を解説した資料だ。無線LANは、企業の標準ネットワークとなった今も十分な注意が払われていない。セキュリティの抜け穴とならないよう、本資料を参考にして、対策を講じてほしい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]