ホワイトペーパー

フラッシュストレージ導入の落とし穴、その回避のための7つのチェックポイント

日商エレクトロニクス株式会社 2017年03月27日

フラッシュストレージ製品は、いまや多くの企業で導入が進み、価格帯、性能などの面でのバリエーションも多様化している。ユーザーにとっては選択肢の幅が広がったことにもつながるが、逆に混乱を招くケースも増えている。そして、導入したものの思ったような性能が出ず、その原因も不明確なまま苦慮しているということも珍しくない。

 こうしたことを避けるには、現場での使われ方を考慮し、各製品を検証するというプロセスを導入前に進めるしかない。では、そうした検証は具体的にどのように実施すればいいのだろう。

本資料は、日本ヒューレット・パッカードのフラッシュ向けストレージアレイ「3PAR StoreServ 8000ストレージ」シリーズの検証ドキュメントだ。旧モデルとの比較、SSD特有の性能劣化の検証、重複排除機能のパフォーマンス、コントローラ障害時の影響など7項目について、仮設→検証→評価という流れで詳細な確認作業を行っている。

フラッシュストレージの導入を検討している企業にとって参考になる資料となっている。ぜひダウンロードのうえ、詳細をご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)