編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「データサイエンティスト」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

ホワイトペーパー

進む、自治体DX!神戸市役所、彦根市役所が実践した庁内ビジネスチャット環境の構築事例

株式会社ネオジャパン 2021-11-09

新型コロナウイルスの影響などにより、人々の働き方が大きく変化する中、それを支援するITツールとして、Web会議やチャットの利用率が大きく上昇した。特に、チャットは伝達スピードが速く、複数関係者への情報共有・意思決定を効率化できることから、メールの代替ツールとして評価されている。
現在、自治体でもチャットの採用例は増え、庁内業務におけるメールや内線、会議を減らしたり、業務の縦割りなどの解消にもつながっているという。業務効率の改善とともに 、庁内の風通しも大きく改善された事例も報告されている。
自治体でのチャットツール導入では、総務省「地方公共団体における情報セキュリティポリシーに関するガイドライン(令和2年12月版)」で示された情報セキュリティ対策基準を考慮する必要がある。以下の資料では、神戸市役所や彦根市役所など、ガイドラインに沿った庁内ビジネスチャット環境の構築例を紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]