編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

ホワイトペーパー

社会インフラ企業が検討すべきサイバーセキュリティ脅威とその対策

フォーティネットジャパン株式会社 2020-09-25

電力会社や公益事業会社を標的にしたサイバー攻撃が激しさを増している。社会インフラへの攻撃は、デジタル的な影響だけでなく、物理的な影響を及ぼし、それによって市民はより深刻な被害を被る恐れがある。

本資料は、電力会社と公益事業会社がどのようなサイバーセキュリティ対策を講じていけばよいかを解説したホワイトペーパーだ。発電所の保護、供給網の保護、顧客エクスペリエンスの保護などの観点から、検討すべきセキュリティ課題や望まれるセキュリティ対策を整理している。取り組みのキーになるのが「セキュリティファブリック」と呼ばれる情報テクノロジー(IT)と運用テクノロジーを包含したセキュリティの考え方だ。社会インフラ企業はもちろん、ミッションクリティカルなシステムを運用する企業にとって参考になる資料だ。ぜひご一読いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]