編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

ホワイトペーパー

2021年のサイバー脅威予測が明らかに─将来の攻撃に企業はいかに備えるべきか

フォーティネットジャパン合同会社 2020-12-23

新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るった2020年は、人々の仕事や生活が一変することとなった。それを受けてサイバー犯罪者も多くのリソースを投入し、リモートワーカーやクラウドなどの新しいネットワークエッジ環境を標的に、攻撃もしくは悪用するようになっている。そして2021年には、サイバー脅威はさらなる進化と変化を遂げるのは間違いないと言える。

しかしながら、脅威の事実を知った後でセキュリティを実装していたのでは、もはや十分な効果は見込めないという事実を忘れてはならない。そのため現在の企業には、進行中のサイバー脅威のトレンドを把握するとともに、将来的な脅威に先行して備えることが強く求められているのである。

本資料では、FortiGuard Labsによる2021年のサイバー脅威のトレンド予測を紹介するとともに、将来のサイバー攻撃に対して企業はどのように備えればいいのかについて、重要かつ実用的なアプローチを示している。サイバー攻撃技術の最新状況を知るうえでも大いに参考になるはずだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]