ホワイトペーパー

第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

フォーティネットジャパン合同会社 2023-01-10

かつてないビジネス環境と社会情勢の変化に伴い、サイバー攻撃の脅威は高まる一方だ。巧妙化・高度化する攻撃からアンチウイルスによる事前防御だけで防ぎきることはもはや不可能と言っていい。そんななか近年注目されているのが、防御策をすり抜けてくる脅威をエンドポイント上で検知し対処できるようにするEDR(Endpoint Detection and Response)だ。ただ、従来型の製品は脅威の「検知」だけを行い、その「無効化」と「修復」は社内の運用管理者が行う必要がある。1日に数百件ものアラートが上がったり、誤検知も多かったりと、導入後の運用管理に多大な負荷がかかっている。運用管理を外部の SOC(セキュリティ運用)サービスに委託する場合も多く、多額のコストも課題になっている。もっとも第2世代の登場により、こうした状況は劇的に改善しつつある。
本資料では、フォーティネットが提供する第2世代 EDRが、これまでのEDRとどのように異なり、どのようなことが可能になるのかを解説する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]