ホワイトペーパー

ユニファイドSASE導入で安心・快適なハイブリッドワーク環境を構築するために押さえるべき事項とは

フォーティネットジャパン合同会社 2024-05-29

ハイブリッドワークが一般化するのに伴い、企業は従業員が様々な場所からネットワークやアプリケーションにアクセスする際のセキュリティ強化を強く求められるようになった。一方、ハイブリッドワーク環境では、攻撃対象領域が大幅に拡大してしまうため、ネットワークとアプリケーションの保護がより複雑になっているのも事実だ。

こうした課題を解決するべく、多くの企業の間でSASE(セキュアアクセスサービスエッジ)の導入に向けた検討が進んでいる。ただし、SASEは導入すれば完結するわけではなく、運用も見据えた長期間にわたる取り組みが必要となることに注意しなければならない。

本資料では、企業の長期間の取り組み全体をサポートする、シングルベンダーによるユニファイドSASEソリューションを選択するに当たっての考慮事項を網羅している。自社に最適なソリューションの選定に大いに役立てていただければ幸いだ。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNET Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]