ホワイトペーパー

待ったなし!消費税改正が業務システムに与える影響、 複雑な増税に対応する販売管理・会計システムの要点

株式会社ミロク情報サービス 2013年12月03日

17年ぶりとなる消費税の税率改正まで、あと半年をきった。
2014年4月に8%、2015年10月には10%と短期間で段階的に引き上げられる予定だ。
前回(平成9年)の消費税増税を経験してきた企業の担当者も少なくないが、同様に単なる税率の変更と思っていないだろうか?

企業システムへの影響を考える上で、特に注意すべきポイントが「段階的増税」と「経過措置」だ。

本資料では、消費税改正によるシステム面への影響、その対応方法を整理し、長期にわたる請負工事やリースによる資産の貸付を例に解説している。

貴社業務への影響を洗い出し、販売管理・会計システムの対応を総合的に見直すためのヒントを得ることができるだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]