ホワイトペーパー

効率的な仕組み作りに選ばれる会計システム--その秘密とは?

株式会社ミロク情報サービス 2014年03月10日

本資料では、株式会社IDCフロンティアが、経営層より求められた「決算の早期化」、それを実現するための新たなインフラを作り、管理会計の充実と「数字の見える化」の課題を解決するまでの事例を紹介する。

Yahoo! JAPANグループでクラウドコンピューティングとデータセンター事業を担う戦略的子会社としてビジネスを展開している同社では、SaaS環境で会計システムを利用していたが、販売管理など外部システムとの連携に苦慮していたという事情があった。

そのような環境の中、経営層より決算の早期化が求められ、外部システムとの自動連携が可能なインフラ作りが必要となった。また数字の「見える化」に関しても課題が顕在化していた。

このような課題を解決し、業務改善や他システムとの連動を図るべく同社では財務会計システムの刷新を図った結果、どれほど効率的な仕組み作りができたのか、そのポイントを紹介。
ERP導入は、実績のある良いパートナー選びから始まる。本資料が、そうしたパートナー選びの一助となれば幸いである。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]