ホワイトペーパー

調査資料--6割以上がオンプレミスで会計システムを運用 「会計システム」の利用実態と課題

株式会社ミロク情報サービス 2014年09月11日

株式会社ミロク情報サービスとZDNet Japanが共同で企業における会計システムの実態についてオンラインアンケート調査を行いました。

今回のアンケート結果では、回答者の6割以上がオンプレミスで会計システムを運用と回答し、情報システムと比較してクラウドの普及が進んでいないことが明らかになっています。
また、会計システムをマルチデバイス環境で利用している企業はマルチデバイスには対応しているが、利用していない企業とあわせても2割に満たない結果になりました。
今後は、BCPの強化やワークスタイルの変化によって、会計システムのクラウド対応や、タブレット端末やスマートフォンを使った利用のニーズも高まることが予想され、こうした変化、多様化にも対応できる柔軟性が会計システムに求められます。

本資料では、アンケート結果から浮かび上がる企業の会計の現状を捉えつつ、本当に必要としている会計システムを選ぶための「失敗しない会計システムの選定基準」を紹介します。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)