ホワイトペーパー

自社の働き方改革の取り組みに効果を感じている企業は「2割」の衝撃!調査から明らかになった課題とは

株式会社ミロク情報サービス 2018年09月20日

政府の掛け声などもあり、日本中の企業で働き方改革の取り組みが進んでいる。これから未曾有の少子高齢化社会を迎える日本にとって、働き方改革により労働時間を見直しつつ一人当たりの生産性を上げることは、生き残るための必須戦略とも言えるのである。

そうしたなか、ミロク情報サービス(MJS)とZDNet Japanでは、「企業における働き方改革の実態と課題」についての読者アンケート調査をこの夏に実施した。多くの企業から回答を得たアンケート結果からは、一部衝撃的な事実も明らかになった。例えば、働き方改革に取り組んでいる企業は7割近いにもかかわらず、実際に成果を感じているという回答はわずか2割なのである。そして自社の労働生産性を「低い」と認識している企業も過半数に達していた。

本資料では、アンケート結果の詳細を紹介するとともに、その結果から見えてきた課題などについて読み解いている。真の意味で働き方改革を実現したいのであれば、必読と言えるだろう。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]