ホワイトペーパー

サイバー救急センター長 内田氏が語る、近年の問い合わせ傾向と推奨する対策の1つとは?

株式会社ラック 2017年03月30日

サイバーセキュリティ対策サービスを展開する国内大手のラックには、サイバーセキュリティに係るお客様の緊急事態に際し、24時間体制で対応を支援する「サイバー救急センター」というエキスパート集団が存在する。当初は、個人情報漏えいの緊急対応支援から始まったサービスだが、対応内容は多様化し、問い合わせ件数も年々増加傾向となっている。このサービスへの緊急問い合わせでは、IT系だけでなく、一定レベルのセキュリティ対策が求められる業種が多くなっており、システムやサービスを止められない企業からの緊急の問い合わせの場合、コスト、人材ともに、長い戦いとなることが多い。本資料では救急センターに駆け込むことになる前に、近年の救急センター問い合わせ内容とともに、問い合わせ上位を占めているエンドポイントセキュリティへの1つの対策をご紹介する。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)