ホワイトペーパー

真のアジャイルへ!CI/CDソリューションで実現、ビジネスを止めない「ゼロダウンタイム」のメリット

レッドハット株式会社 2018年11月16日

現在、ソフトウェア開発の潮流としてアジャイル体制で短期間のうちに開発・リリースまで展開していくスピード感が要求されている。リリースの頻度も重視されている。こうした体制の中では、少しのダウンタイムやサービス停止も大きな経営ダメージとなりやすい。では、ゼロダウンタイムを現実的な労力で実現するにはどうすればいいのか。その回答が「Ansible」のような複数の階層やステップに対応した強力なオーケストレーション・エンジンだ。

Ansibleは、Red Hatをスポンサーとするオープンソースのコミュニティ・プロジェクトであり、現状、IT自動化を実現するための「最もシンプルな手段」の一つである。自動化言語としては、システム管理者やネットワーク管理者、開発者、あるいは経営陣に至るまで、さまざまなITチームが使用することのできる唯一の存在ともいえる。

そして本資料で特に強調しているのは、Ansibleがゼロダウンタイムを実現する「継続的インテグレーション(CI)/継続的デリバリ(CD)」の強みだ。Ansibleには、CI/CDソリューションとして理想的なツールや機能が数多く含まれる。これらを活用し、デプロイ作業の完全自動化も実現することがが可能だ。

これが意味することは、真のアジャイルプロセスの実現でもある。詳しくはダウンロード資料にて、ご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]