ホワイトペーパー

クラウド構築をOpenStackで手掛けたい!ならばビジネスに集中できる選択肢を!RedHatが解説

レッドハット株式会社 2018年11月16日

OpenStackによるクラウド構築は、上手に導入することができれば企業にとって大きな恩恵が期待できるプロジェクトだ。

実際、国内大手企業の事例も多数聞かれるようになっているが、IaaSの最も低いレイヤーを構築することができ、いうなればOpenStackは、AWSのような環境を自社のプライベートな環境に作り上げることが可能なソフトウェアだからだ。もちろんコスト面でも優位となるはずだ。

とはいえビジネスとして、このOpenStack環境を使いこなすにはそれなりに条件がいる。OpenStackはコミュニティプロジェクトであるがゆえ、現在進行形で急速に開発・更新が行われている。そのため自社内にもコミュニティに精通した人材が求められてくる側面がどうしてもある。

そこで紹介したいのが、こうした部分を吸収し、安定したプラットフォームを維持してくれる「Red Hat OpenStack Platform」のような製品だ。

同製品はRed Hat Enterprise Linuxの機能と Red Hat OpenStack テクノロジを組み合わせたもので、オープンソースでプライベートおよびパブリッククラウドを構築・管理するという目的が果たせるだけでなく、スケーラビリティとセキュリティに優れた基盤を、安定的に手に入れることが可能となる。ビジネス用途には最適な選択肢の一つといえるはずだ。

詳細はぜひ、ダウンロードでご覧いただきたい。

CNET_IDでログインして資料をご覧ください

CNET_IDはCNET Japan/ZDNet Japanでご利用いただける共通IDです

パスワードをお忘れですか?

CNET_IDをお持ちでない方は
CNET_ID新規登録(無料)
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]